EDと糖尿病との関係

EDが原因で糖尿病になる?

糖尿病は糖分が血液中に溶け込み、高濃度を維持して全身を循環している状態の病気です。
初期では自覚症状も少なく、軽く捉えられることもありますが、高血糖値が長い間続くと腎機能障害を始め、手足のしびれや視力低下、その他にも様々な合併症を引き起こす原因となります。
症状が進行した状態では末梢神経障害が起こり、脳からの伝達が行き届かなくなることで、体の動きが鈍ったり、性的興奮が陰茎にまで届かなくなります。
更に血糖値が高くなることで血管が硬くなり、血液もドロドロの状態となるため、動脈硬化の原因にもなりますし、陰茎への血液の流れも悪くなります。
正常な勃起をするためには脳からの神経や、海綿体への血液の流入が必要不可欠となりますが、糖尿病になるとこれらの機能に障害が起こるため、十分な勃起ができなかったり、勃起ができてもすぐに萎えてしまうなどのEDを引き起こします。
この状況から、糖尿病はEDの原因になりますが、逆にEDになったからといって糖尿病になることはありません。
動脈硬化や神経障害による勃起不全を器質性のEDと呼びますが、他にも糖尿病で生じたうつ症状では心因性、治療のために使用する降圧剤や血糖コントロールの治療薬では薬剤性と起こりやすくなるので、糖尿病はEDを誘発しやすい要因と言えます。
EDの症状は加齢やストレス、飲酒、喫煙などで起こりますが、糖尿病や動脈硬化のサインでもあるので、中高年の男性で勃起がうまくいかない場合は生活習慣病を疑って検査を受けると良いです。
ちなみに糖尿病の合併症でおこるEDは、PDE5 阻害薬による改善が可能ですが、糖尿病を先に治療しないと症状は悪化してしまいます。
糖尿病を治療すれば自然とEDも改善できるので、専門の病院で受診するのが良いでしょう。

■治療薬の通販はこちらで出来ます
薬の個人輸入は簡単です
■EDに関するお悩みをサポート
ED治療 福岡
■硬い勃起を取り戻す!
カマグラゴールドの効果と体験談
■彼女も不感症でお悩みなら
女性用バイアグラ