EDと糖尿病との関係

薬局で購入出来るED治療薬には塗るタイプもある

勃起不全の悩みを抱えている人は、若い人から年配の人まで年齢層は幅広いです。
EDの治療には、体質改善や治療薬など様々な方法がありますが、やはり病院や薬局で処方される治療薬が効果が高いです。

EDの治療薬は、薬局などでは一般的には飲むタイプが多いですが、中には塗るタイプもあります。
医療機関で処方されるものは、塗るタイプよりも、内服することで改善するものが多いです。

EDは、何かの原因で、勃起に充分な血流が得られないために起きますが、内服タイプの治療薬は、勃起を阻害する酵素の働きを抑えることで血流を改善させます。

また、この薬は、性行為の少し前に飲むもので、性的な刺激や興奮を得たときに効果を発揮します。
効果は、薬が効いている時間だけなので、切れるとまた元の状態になります
そのため、性行為ごとに飲む必要があります。

塗るタイプは、性器に直接塗ることで、男性機能を活発化させて勃起不全の改善を行います。
飲むタイプは性行為の前に飲みますが、塗るタイプは毎日使うものも多いです。

使い方は、各薬局で販売されている商品ごとに違いがあり、使う前には添付書類をしっかりと呼んで正しく使うことが大切です。
デリケートな部分に使うので、肌に刺激がないもので、安心して使用できるものでないといけません。

それぞれ、個人輸入でも購入出来ますが、安全に使うためにも、使い方はよく理解してからにした方がよいです。
とくに、飲むタイプと併用するときは、併用が出来るかも重要です。

塗るタイプの、ED治療薬は、薬と言うよりも、ペニスの増大やサイズアップのサプリに分類されるものです。
あくまで、勃起を補助するものと考えた方がよいです。

ジェルやクリームタイプなど、商品によって異なっているので、使いやすいものを選ぶとよいです。