EDと糖尿病との関係

ED治療薬のスタンダードな用量

ED治療薬は用量を厳守して服用しましょう。
医療機関で検査を受けて処方してもらえば、症状や体質に応じた用量を選んでくれます。
用量を増やせば効果も強くなると思うでしょうが、副作用というデメリットも大きくなります。
少ない用量で十分な効果を得られるなら、多くする必要はないのです。

ED治療薬は海外仕様がスタンダードです。
日本には存在しない用量があり、バイアグラを例にすると100mgが販売されています。
日本においては50mgが上限なので、世界的なスタンダードはその2倍量なのです。
100mgは日本では販売していませんが、個人輸入代行サイトを利用すれば購入できます。
しかし、日本人が服用すると効果が強く出すぎてしまう可能性があるため、50mgを超えた用量にするのは好ましくありません。
日本には日本人の基準量が存在するため、世界のスタンダードに合わせる必要はありません。

ただ、100mgを2分割して飲むならば問題ありません。
ED治療薬は分割しても内容成分が変わることはないのです。
クリニックで50mgの処方を受けている方なら、海外仕様の100mgは2回分として使えます。
ED治療薬は症状に改善に合わせて、用量を減らしていくのが好ましいです。
最初は50mgを服用していても、症状が軽減してきたら25mgに減らしたほうがいいのです。
医師の指導に従って飲んでいれば問題ないでしょう。
最終的にはED治療薬を服用せずにSEXできるようにしていきましょう。
健康保険の適用外の薬なので、長期的に飲み続けると負担が大きくなります。
お金のことを気にして服用しているようではストレスが溜まります。
ある程度軽減したら精力剤に変えるなど、お金がかからない方法で対策していきましょう。